韓国人女性の叫び 最低賃金を上げて

JUGEMテーマ:ニュース

 

5年前発掘の仕事をしていました、その時は7時間働いて6000円

信じられないくらい安い値段でした、

 

その当時の最低賃金は東京では850円

今は東京は958円まで上がりました、

今では最低でも6706円となっています

 

 

最低賃金は40時間働いて生活保護を上回るように設計をされている制度であります

 

一方の留学生は週28時間までしか働けません、

 

そのために28時間一杯に働いても月に11万5000円ほどしかありません、

 

ある韓国人女性留学生は「初めはコンビニで働いた。でも家賃を払えばご飯も食べられなくなる」とのことで水商売を始めたようです、

 

日本は昔から一時的、主婦が働くものとして最低賃金の制度を設計をしたためにヨーロッパに比べて最低賃金が低くなっています、そのために若年層の労働者の失業率は低くなっています

 

最近では最低賃金が上がったために07年には最低賃金で働く人が1,1%でした、それが2016年には2,7パーセント(前年よりも0,8パーセントも上昇)まで上がってしまいました。

 

最低賃金を上がり続けると最低賃金はあってないようなものになりますし、逆に最低賃金を低くしてしまうと機械化をするよりも人を雇ったほうが安くなり自動化が進まず生産性も上がりません、

 

最低賃金のバランスは結構難しいですね

 

 

 

 

 

 

 

| のほほんさん | ニュース | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM