さらに低く

JUGEMテーマ:ニュース

 

 

日本経済新聞によりますと北海道の銀行が来年度の経済成長を予測しました

 

北洋銀行と北海道銀行は2018年度の道内経済見通しをまとめた。物価変動の影響を除いた実質経済成長率で北洋銀は0.5%、道銀は0.6%と予測した。ともに4年連続のプラス成長となるが、17年度に好調だった公共投資が減少して成長の伸びが鈍化すると分析している。

 17年度の予測は北洋銀が0.9%、道銀が1.2%。雇用環境の改善や車・家電の買い替え需要が個人消費を押し上げ、16年8月の台風被害の復旧工事で公共投資が増えたことがけん引したとみる。

 18年度は公共工事の反動減と貸家投資の減速が成長の押し下げ要因となる。一方で企業の設備投資など民需は好調で、個人消費も底堅いと分析している。

 道銀の調査を担当した道銀地域総合研究所は「公共工事だけでなく民需の力がついてきた。農業の省力化に向けた設備投資や、訪日外国人客の需要を見込んだホテル建設など観光関連の投資が進む」と指摘した。

 道内経済への懸念材料については、北洋銀の調査を受託した北海道二十一世紀総合研究所は「昨今の原油高と、人手不足に悩む中小企業の賃上げが経営に与える影響」などを挙げた。

 

北海道の経済成長は低いですね

今年度の経済成長は1パーセント台の半ばから後半になるのに、北海道では1パーセント程度の経済成長ですね、来年は公共事業の縮小などにより経済成長が押し下げ高架になるということは、それだけ公共事業の依存が強いということなのかもしれません、

 

また来年度の減速は原油高が影響をしているのかもしれません、北海道のように広く寒い地域になりますと広大なためにガソリン消費量が多くまた寒いために灯油消費量が多いためか、原油の価格上昇すると経済が低迷をするのかもしれません

 

苫小牧にある勇払油田が新規に油層が見つかり、夕張の天然ガスが商業化すればエネルギ−上昇時でも経済成長はそれほど落ち込まないと思われます、

 

北海道ではそれほど労働市場が過熱していないために東京などと違い新規に北海道に住む外国人も多くないためかもしれません、

 

北海道は景気が良くなるのが一番遅く、景気が悪くなるのが一番早いといわれているために、来年度は経済が急に減速をするのではないか心配です、

 

唯一希望があるのは元号改正による、システムの改正等の設備投資かもしれません、それしか希望がないのは悲しいですね

| のほほんさん | ニュース | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM