<
カーボンが始めて制した日 マツダ、ルマン初優勝

 1991年ルマンでマツダが優勝をしました、
ロータリーで唯一の勝利が大きく取り上げられています、
もう一つ、

今までルマンを制していたのは鉄のブレーキでした、
1990年に最速といわれていたニッサンも規則により重量が重かったためと
耐久性がなかったためにブレーキの交換を余儀なくされたこともあり優勝できませんでした、

91年にルマンではじめてカーボンブレーキ装着車が表彰台の鉄片に立ちました、去年に比べ耐久性がまし、又ロータリーエンジン搭載車は規則により車の重さが軽かったために24時間、ブレーキの交換もせず走りきりました、

フォーミュラニッポンではカーボンブレーキのほうがコストが安いため09年から導入されました、

カーボンブレーキを使えば制動力が高まり事故が大幅に減少することが見込まれます、

ブレーキを交換するだけで4000万円も超えるので一般の車ではカーボンブレーキは高嶺の花です、
使われているのは高級スポーツカーぐらいのものです
カーボンブレーキが20万円ぐらいになりオープションでつけられれば良いですね

| のほほんさん | いろいろ | 21:17 | - | - | - | - |



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM