羽田空港の問題点

 羽田空港が明日本格的に再国際化をされます

羽田空港の本格的な運用で地方の小都市から海外に行く場合などは羽田空港から海外へといける機会が増えました、

羽田空港の国際化、地方か羽田経由で海外へいく場合でも弱点があります

近距離便は飛んでいないということです、新幹線との競争により、名古屋、新潟、花巻、仙台という便は廃止されました、羽田空港は国際線の便数が少ないために国際線との乗り継ぎの田ために路線を維持するのも難しいと思われます、

逆に成田空港は都心から遠いため、また国際線が豊富なために中部空港と仙台空港からの路線があります、又成田空港は何度も新潟路線を就航したいという希望を出しています

国内線が弱点と長年言われ続けていました成田です2本目の滑走路が出来たおかげで国内線の便数が4羽以上に増えて、中核都市はカバーができるようになりました、
成田空港に周子捨ている国内線は9路線(札幌。仙台、中部、小松、伊丹、関西、広島、福岡、那覇)29便が飛んでいます

羽田空港の弱点を成田空港が補い、成田の弱点を羽田が補う総合保管体制を気づいてほしいものです

| のほほんさん | 航空事情 | 19:38 | - | - | - | - |



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM