燃費が良くなる裏技 燃料タンク小型化

 燃料を満タンにしないで半分ぐらいいれとくことです
60リットルで満杯にある車で満杯にすると45キログラム(ガソリン1リットルは0,75キロ)
半分の30リットルにすると22,5キロぐらむになります。

f1などのレースの場合も燃料が軽くなる後半にに良いタイムが出ることが多いです、

最近では車の軽量化が進められています、又燃費、も良くなってきています、最近では燃料タンクは大きくてよいのかという声が出ています

小形の燃料タンクにすることにより、ガソリンを満タンにしたときでもシャ中がるくなり増す、そのためにエンジンの馬力も抑えることが出来るという利点があります、また車重が軽いために

逆に燃料タンクを小さくすると車で走れる距離が少なくなるという欠点もあります

ある自動車メーカでも容量が小さいと、お客様が長く走れないのではと不安をもたれるのが実情といっています

燃料タンクの小型化、環境には易しいですが実現は難しいかもしれませんね

| のほほんさん | いろいろ | 23:22 | - | - | - | - |



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM