jリーグキャンプも沖縄に
プロ野球のキャンプよりも一足早くサッカーのキャンプが始まりました

jリーグのキャンプ、今年は少し異変が起きています
国内では宮崎、国外ではグアムを中心に沖縄を除く吸収を中心としてきましたが、今年は沖縄のキャンプ地が増えました

沖縄県はプロ野球では国内で10球団、韓国で4球団がキャンプを張っています、しかし宮崎などと比べるとサッカーは大きく遅れを取っています、そこで沖縄県はスポーツで新たな観光需要を掘り起こす「スポーツ・ツーリズム推進事業」の一環として、今年度予算に約2500万円を計上。旅費の一部などを負担するとともに、PRに力を入れました。その結果J2横浜FC(宮古島)とJ2千葉(石垣島)の2球団に、今年からJ1広島(本部〈もとぶ〉町)、J2岡山(うるま市)が加わり、計4球団がキャンプを張る。

プロ野球と違いサッカーのキャンプが始まるのは1月はじめ、又北国のチームは3月初めまでキャンプを張ることもあり、プロ野球に比べてキャンプのシーズンが長くなる場合もあります、
1〜2月は観光シーズンから外れ、宿泊施設の稼働率が下がる時期で、県は以前から誘致に前向きだった

広島の織田秀和・強化部長が「問題はグラウンドだけだった」と話す通り、最大の障壁は練習施設不足。それがJFLのFC琉球がJリーグに準加盟申請するなどサッカー熱が高まると、各自治体が動いた。

 広島のキャンプ地となった沖縄本島北部の本部町は10年度に約3億円をかけて町陸上競技場を改修。町では「人気チームが来てくれれば、経済効果も見込める。今後も施設への要望に応えていく」。うるま市は昨夏の高校総体前にキャンプ誘致の展開も見据えて約23億円かけて多種目球技場と屋内運動施設を新設。岡山はこの2施設を活用する。

jリーグのチームだけでなく韓国のチームもキャンプを張るグアムではサッカーコートだけで3面もそろえています、さらにプールなどもそろえて施設も充実しているために同時に複数のチームがキャンプをはることが出来ます

沖縄も米軍の跡地利用として陸上競技場も含めた一大サッカーパークを建設して誘致を図るのもひとつの手かもしれません

沖縄はトルコのアンタルヤのようにヨーロッパのチームが集まるような1第サッカー拠点地となるのでしょうか

| のほほんさん | - | 09:34 | - | - | - | - |



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM