格安運賃で沖縄経済復活 

世界で一番忙しい路線

羽田ー新千歳で間です
2番目は意外な事に金浦ー済州間となっています
昔はそれほど乗降客が多くなっていなかったと思います
急激に乗客が増えたのは最近流行のlccが大きく寄与しています

韓国の格安航空会社が2000年代の半ばごろに設立をされました、格安航空会社が就航をした路線はソウルー済州島間でした

済州島間は今までは20万ウォンほどしたのが格安航空会社の参入で4万ウォンほどにまで下がりました、

済州島に本社を置く済州航空が1月のはじめにオンラインで1万ウォンで3万60000枚を売り出したところまたたくまにかんばいをしてしまいました

格安航空会社の就航などにより観光客が大幅に増加をしています

格安航空会社が就航する事により気軽に島に行く事が出来るようになり、観光客が増加をして、地域活性化につながっています、

沖縄の観光客を増やすのには2つの歩方があると思います

沖縄から地方の乗客を増やす事、
又済州島のように沖縄から格安航空会社が就航をさせる事です、

まずは地方から沖縄便の上京です、

今日本の航空会社が行っているのは羽田空港を中心としたハブ化です、そのために地方と地法を結ぶ路線は廃止されてしまいました、昔は那覇ー札幌、那覇ー福島や那覇ー高知などといった路線などがありました、それが廃止をされてしまいました、

地方と那覇を結ぶ路線は少なくなってしまいました、地方の人が那覇まで行く場合には直行便が無い場合にはまず地方の拠点都市まで出てそれから那覇空港まで飛ぶ事になります、そのためにお金がかかり気軽に遊びに行ける事ができなくなります、

観光業にとっては大きなマイナスです、
この地方路線の復活はリージョナルジエットという小型ジエット機です

lccという低価格の航空会社が使っている期待の2分の1から3分の1ぐらいの期待で50人程度から飛んでいるジエット機があります、

静岡空港では地元資本が70人クラスの航空機を使い九州地方などから静岡空港まで飛ばしています、沖縄の地元資本が中心になり航空会社を使い地方と那覇の間を飛ばします、観光客の増加につながり雇用の増加をもたらします

地方の観光客の増加は多く見積もっても十万人ほどだと思われます、一番良いのか格安航空会社の設立です、

格安航空会社の設立により競争が激しくなり航空料金の引き下げ、又気軽に沖縄にいけるために観光客の増加につながります

| のほほんさん | 沖縄経済 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM