円高に反応して

JUGEMテーマ:ニュース

 

日本経済新聞に面白い記事が載っていました、

 

ディスカウントストア「業務スーパー」を運営する神戸物産が高い。一時前日比260円(7.3%)高の3840円を付け、株式分割を考慮した実質ベースで連日で上場来高値を更新している。外国為替市場で円相場が一時1ドル=107円台後半まで上昇し、輸入食材の調達コストが低下するとの見方が買いを誘った

 

 

円高で株価が大幅に下落をするという人が多いのですが、それほど円高で株価が下がるとは思いません、というのは東証1部の全銘柄に占める製造業の銘柄が少なくなってきたからです、

 

リーマンショックの時の08年9月末は東証1部の全銘柄数が1708社に対して製造業は850社で全銘柄のうちの49,76パーセントを占めていました、それが昨年末は全銘柄が2116社のうち製造業は917社しかありません、全銘柄のうちの製造業が占める割合は43,33%です、

 

この10年と少しの間に製造業の比率が下がり、円高でも悪影響を受ける会社が少なくなってきました、107円台になってもtopixは日経平均ほど下がっていません、円高=株価が大幅に下がるというのは昔の話なのかもしれませんね、

| のほほんさん | ニュース | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM