<
人手不足 日本の現状

厚生労働省が29日、発表した外国人雇用状況調査によりますと昨年(2015)10月末現在の外国人労働者は前年の787827人から120262人増えました、

労働力減少の中で人手不足が進んでいる今、企業が葉外国人に頼る姿勢を大幅に強めた、
厚生労働省によると外国人の増加は、「少子化で大学が留学生の取り込みに力を入れ、アルバイトも増えている」ことも背景だとしている、


中国が32万2545人と一番多く、ベトナムが11万13人、フィリピンが10万6533人と告いでいる、中国人は1万1千人増えたものの、全体に占める割合は減る傾向にある。厳しい労働環境が多い「技能実習生」が6千人減るなど、自国の経済成長で日本で働く魅力が減っているためだ。代わりに、ベトナム(80%増、11万人)やネパール(61%増、3万9千人)などが急増した。

 滞在資格別では、日系人などが36万7千人、留学生、技能実習生がそれぞれ16万8千人。留学生は4万2千人、技能実習生が2万3千人増えた。

2年半ほど前に中小企業などの人事や社会保障の専門家であるしゃかいほけん労務士に聞いたところ、外国人を雇用している企業と雇用していない企業に2曲かをしているといっていました、

昨年は東京で外国人の人口が3万1600人増えましたが外国人労働者が4万8038人も増えました
雇用主の中では今まで外国人の雇用の届出をさしていなかったのが出すようになったのが原因だと思います

今回の12万人の大幅増加は外国人労働者が増えたというよりも07年に始まった外国人雇用状況の報告の義務化が根付いてきたのが一員ではないかと思われます、

 働く現場は、中小企業が多い。雇用している事業所を規模別にみると、「100人未満」が全体の4分の3を占める。

 福岡県嘉麻市にある産業用ポンプメーカー、「本多機工」。龍造寺健介社長(55)は08年、外国人の採用を始めた。「優秀な日本人学生が都心や大手に行ってしまう」ためだ。全社員数は143人。これまで15人の外国人を採用した。「専門・技術分野」という在留資格だ。すでに2人が独立し、中東と中国でポンプ会社を立ち上げ、同社のポンプ販売やメンテナンスを担う。龍造寺社長は「日本国内は設備投資も人口も縮む一方。地方の中小企業が30年生き残るには、外国人が必要だった」と話す。

 外国人なしでは、成り立たない仕事もある。広島県廿日市市でカキを40年以上養殖する岡島盛夫さん(67)は、中国人技能実習生7人に作業を頼る。「もう若い人はしたがらないきつい仕事。実習生に頼るしかない」と話す。最低賃金の時給769円を払い、残業があれば割り増しして払っているという

大幅に内容を変えます


クフィールニュース

クフィールという戦闘機は元の機体を大幅に改造して性能を大幅に向上しました、クフィールニュースも元のニュースを大幅に印欧して更に良くしようというものです、
 

| のほほんさん | クフィールニュース | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM