<
次期首相 小沢一郎 
日経平均、
大幅に下がっていますね

中国の輸入が悪く、又消費者物価の伸びも1,4パーセントと低くなっています

アベノミクスとか言っているのですが、中国がこけると第2次産業が3分の2以上を閉めている日経平均は大幅に下がります、

今回の選挙はアベノミクスか否かではなく、中国とどう向き合うのか、これから来るであろう中国のニューカマーに対する政策をどうするのかということです、

今回のチャイナショックはまだ日本の1991年の冬アタリでしか亜rません、これからますます悪くなります、

商品価格は大幅に下がるでしょうし、貿易赤字も急速に縮小するでしょう
又中国からのニューカマーがやってきて人口問題自体も小さくなるのか、、下手をすれば大幅な人口の増加で社会保障もたて直り、人口減少問題ということさえも無くなってしまうかもしません

日本はあや李揺る面で急激な変化が起きる中で対処絵おできるような人材は与党には今のところいません

1998年、自民党が歴史的大敗をした中でも小泉さんや梶山さんのように粒が小さくなったと岩手いましたが人材はそろっていました、
乱世のときは梶山といわれたました
今は政界をも見回しても唯一危機に対処できるのは小沢一郎しかいません、

良くも悪くも小沢さんは息を吹き返してくるでしょう、
国会では乱世に強い最後のご奉公として小沢さんが国会で大活躍をするでしょう、
小沢首相というようなっ局面も出てくるでしょう、

今回の選挙、師走のいそがしいときにほんとうにやるひつようがあったのでしょうか
 
| のほほんさん | 沖縄経済 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM