<
苫小牧は原油の町
クフィ-るニュース

モトにニュースを大胆に引用してニュース解説をしようとするものです

今日のニュースは100億円と夕張とメタン灰トレードです

苫小牧は

北海道のフェリーの発着をするところで有名です、

でももうひとつ顔がありますそれは石油と天然ガスの街です

引用始まり

 石油資源開発(東京)は、苫小牧市の「勇払油ガス田」北側の「あけぼの基地」(植苗)内で原油の探掘作業を進めている。同社は昨年8月、同油ガス田の別の井戸で原油探掘に成功しており、2本の井戸の産出量などを基に採算性を調べ、商業生産に移行するかどうか判断する。

 探掘している井戸は「あけぼの(T1)SK―2D井」。同社は、これまでの試掘で原油があることが分かった地下約1700メートルまで掘り進め、埋蔵量や広がりを詳しく調べる。現場には高さ約50メートルのやぐらが組まれ、24時間体制で作業が行われている。4月中旬に終了する予定。

 同社は昨年8月、同社北海道鉱業所がある沼ノ端基地で探掘していた「沼ノ端(T1)東SK―3DH号井」から日産250キロリットルの原油の産出に成功したと発表。現在も調査を進めている。商業生産について同社は「産出量が増えた際の原油の処理方法も含め総合的に判断したい」としている。

 勇払油ガス田は1996年に生産開始。天然ガス鉱業会(東京)によると、同油ガス田の昨年度の原油生産量は全国一の24万1千キロリットル。国内生産の約3割を占めている。天然ガスは5億1200万立方メートルで、南長岡油ガス田(新潟)に次いで2位

北海道新聞の記事では2本の井戸しか乗っていませんが、勇払出採掘に成功している緯度はもう2本あります

1本は油田のそばで日量50きりリットルも試掘で取れました、又さらに相当離れたところからも60キロリットルもの原油が取れたというものです、

この2つの井戸にも天然ガスが出ています

この勇払油田は相当な量の油田がまだまだ眠っているのではないかと思います
この油田を見つけるだけでも数十年も費やしています、又さらに莫大な額がかかる井戸を何本も掘っています、

これだけの投資をするという事は油田が相当眠っているという事だと考えられます

この勇払ガス田、困った事に枯渇をしてきたみたいでガスの産出量が減ってしまい、lngを買わなくてはいけない事態になっています、

ガスといえばメタン灰トレードと思われていますが、このメタン灰トレード幅か打開採掘コストがかかり赤字になる事は必死です、
又消費地から遠いためにパイプらい何度や色々なお金がかかり将来性は残念がなら見込めません、メタンハイトレードの研究をやめて勇払ガス田画採算が取れなくともメタンハイトレードをやめたお金を使ってガスの算出をさせる、

又勇払ガス田が本格的に枯渇して原油やガスが取れなくなる時を見越して今研究をされているメタンを科学技術で発生させる研究をするべきです

| のほほんさん | クフィールニュース | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM