仁川空港vs成田(1)
 仁川空港vs成田

と書いていますが仁川空港と成田

比べる必要がありません

成田空港にこだわる事もありません

日本に住む人が日本の空港を使って便利に移動できれば良いのです

韓国関連の仕事などをしている人や韓国人にとって成田空港は便利でしょうか

あまり便利ではありません

なぜならば3都市しかないからです

ソウルか釜山かリゾート地の済州の3としです

中西部にある清州などがあれば韓国の移動はもっと楽になるのでしょうが〔仁川空港と清州の直線距離が125キロあります)

日本人と結婚した韓国人女性のブログで韓国南部まで行く記述があります

2時間ちょいのフライトで16時前にインチョンに着き・・・
 
今度は高速バスで光州に向かいました。

 
日本から韓国にフライトする時間より、
 
インチョン→光州の高速バスの時間の方がながくて、
 
5時20分初のバスは10時に光州のバスターミナルに着きました。
 
15分の休憩を挟み途中混んでたのもあるけど、長いバスの旅

引用終わりです、

日本で言えば根室三田に国土の西は字に作ってしまったために韓国国内の移動が非常に不便となっています

ソウル近辺の人にとっては良いのですが韓国の地方都市に住んでいる人にとっては仁川空港まで行くのには非常に不便です、

国内線を飛ばすのにも一番遠いところまで三百数十キロしかありません、又韓国の航空が石屋は基本的にプロペラ機などの小型機を持っていません、

そのために国内線は大邸、釜山、済州の3つしかありません、

成田空港よりも韓国の国内の移動という面では不便です

韓国への移動を便利にするために韓国の地方都市への路線を増やす事により、韓国国内の移動は便利になります

日本国内では地方土地法を結ぶジエット機などがあり、成田から韓国の地方都市へという路線の需要もある程度あるように〔採算が合うかどうかは疑問ですが〕あります

成田空港の意見広告でも就航可能な都市として光州、清州、大邸の3都市をあげていました

もしこの3都市に就航したのならば韓国国内の移動が楽になるだけではなく、韓国から北米や南太平洋の島に行く場合などのハブとしての機能がさらに向上します

数年前の統計によりますと日本から韓国経由で他の国に行く人よりも韓国から成田を利用して他の国に行く人が多かったのです、

韓国国内への移動のみならず、韓国の地方都市から成田空港経由で他の国に行く人の利便性が向上をします

成田とインチョンというのを比べるのではなく成田空港などの日本の空港がさらに弁r煮になる事を考えればよいのです

| のほほんさん | 韓国経済 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM