原子力で日本の石炭が まだまだある日本の天然ガス
 日本のエネルギーの歴史

国産のエネルギーを採算が取れないから海外へ
石油や天然ガスなどは中東の数カ国殻の輸出が多いためにホルムズ海峡が生命線というような事になっています

5月の初旬に注目を集めたのは泊原発
この原発のかげて国産の石炭が冷や飯を食う事になるかもしれません

というのも朝日新聞の09年の記事によりますと北電も石油を使う火力発電所の運転を抑え、奈井江、砂川発電所の稼働をあげるため購入を増やした。07年度は前年までの約70万トンが110万トンに。08年度は143万トン。09年度も100万トンの予定だ。来年以降は原子力発電の泊3号機が本格運転するので、70万トンに戻す予定だと言う事になっています

泊原発がとまったために空知地方の露天掘りの炭鉱が振る生産をされているという事です、

テレビなどを見ますと原発停止で原発のある地方が困っているといわれていますが他の地域は原子力の停止を補うためにがんばっているので雇用は変わらないと思います

前置きが長くなってしまいましたが日本の資源は石炭だけではなく天然ガスも豊富にあると雄思われます

天然ガスで今までの在来がたといわれr手いるのは
北海道の苫小牧にある勇払、ここは200億りっぽうもあり夕張だどの炭層メタンに比べて半分ほどあるといわれています

新潟、宮崎にも天然ガスがあります

意外に思われるかも知れませんが東京にも水溶性ガスといわれる天然ガスがあります

昔はくみ上げた水を元に戻さなかったために東京と千葉権の東部では地盤沈下が起きたために採掘が中止になってしまいました、

今でも多量の天然ガスが眠っています

又沖縄本島や宮古島にも天然ガス多量に眠っているといわれています

沖縄県では埋蔵量調査が行われています

| のほほんさん | 日本の天然ガス | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM