ヨーロッパ中に 債務危機は
ハンガリー国際の格付けが避けられてbbプラスになりました

yahooのコメント欄に登校したのを手に加えます 


ギリシャだけだった債務危機がアイルランド、スペイン、ポーランドとヨーロッパ中に飛び火しています、今度はハンガリーとなるともう手がつけられなくなってしまいます、ヨーロッパの銀行が新興国に相当貸し込んでいるために危機が広がると勇士も引き上げる事に鳴門思われます、

又ヨーロッパの経済危機は中国にとっても深刻なダメージをもたらします、
中国の輸出の1番はeuです
中国の輸出は今までは低賃金で音痴をこうむっていましたが今は賃金が高くなり他の国に工場などが移っています、
euが傾けば中国の経済成長が更なる鈍化で社会的に不安定になる、

韓国のimf危機後韓国人が増えました、韓国人の数十倍も人口がいる中国ですから日本に来る中国人が増える事が予想されます、

中国人が爆発で機に増えて、日本の人口が増加をするかもしれない
その場合にはきっちりと出入国管理をしないといけません、
| のほほんさん | ニュース | 12:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |


コメント
新興国は「中国経済路線」を選ぶ可能性も=日本や欧米とは違う道を歩む?―米メディア―【私の論評】日本は、過去においては独自の路線を歩んできた。再度独自の道を歩めば世界のトップランナーになるかも?

こんにちは。今後、世界同時不況が懸念されるなか、ウォールストリート・ジャーナルでは、新興国が経済危機に瀕した際、どのように経済戦略を調整していくのかについて3つの説を予測しました。しかし、この3つの説は、最初から仮定が間違っているか、あるいは、意図的にそうしています。その間違いとは、過去の日本の奇跡の経済発展を無視しているということです。新興国は、まずは、かつての日本のように、平等な社会を実現して、1億総中流ともよばれたような、経済的中間層を厚くすることが課題だと思います。こうした、層が全体を牽引し、社会的な安定をもたらしつつ、経済も発展させることになります。中国のような経済至上主義を追いかければ、社会不安が増大するだけです。階級社会が温存されたような、西欧型を取り入れても、時間がかかるだけです。いずれにせよ、日本のように社会の安定化をはかりつつ、経済を発展させるという方法により、かつてない経済発展したという事実にはかわりありません。今後世界が同時不況におちいり、先進国と、新興国はかつて、日本が経験したような、長期のデフレに見舞われる可能性が大です。今後、日本が、かつてのように社会至上主義にもどり、社会を安定させることができれば、世界同時不況に陥っている他国を尻目に、日本は新たな社会と経済のモデルとして、世界のトップランナーになることができるかもしれません。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
国というものはその国のとおってきた歴史的な背景というものが違うため、独自の発達の仕方があってもよいと思います、

日本の経済発展は日本だからこそできたという歴史的な背景も多分にあると思います
  • キリン321by管理人
  • 2012/01/17 11:17 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM