実力では受からない社労士試験

nhkのニュースで栽培印制度のことをやっていたそうです、

あるブログからの引用になります

ある一人のトラック運転手が

裁判員を経験したことにより、法律に興味をもち、

社会保険労務士を目指すようになったということなんです。

(最初からちゃんと見ていなかったのですが、まあこんな感じです)

 

トラック運転手業界の労務管理を将来していきたいとのこと。


上述のトラック運転手さん、来年には早々と活躍されているかもしれませんし、数年かかるかもしれません。もしかしたら、試験に合格できず断念するかもしれません。なんだか失礼な言い方かもしれずスミマセン。でも、それだけ試験が厳しくなっているのも確かです。

引用終わりです

引用したブログの人の言うとおりだと思います
社労士試験が受かったのならば先生と呼ばれるような難しい試験です、
なので生半可な金地では受かりません、

普通の試験ならば実力で受かる、実力が無いから落ちるのですが、社労士試験、特殊な試験です、

どんなに得点が良くて110万点中107点をと伝も落ちてしまう非常に怖い試験です、

特に基本書に載っていない。選択式のもんだいなど出た場合には運を天に任せるしかない状態です、
この基本書にも載っていない試験が解けるかどうかで合格をするかどうか異が見舞ってきます、

ここを何年も引っかかってしまうついには試験を受けるのをあきラベル人もdるような試験なのです
 
| のほほんさん | どろぬまにはまった社労士試験 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM