仁川 乗り継ぎ客減少
仁川空港での乗り継ぎ客数が昨年の9月が現象をしているようです

中国と日本の航空戦略によるものといわれています

中国では良く分かりませんが最近は勧告からの地方路線が減便や休止になる路線などが相次いでいます

逆に成田空港はlccの恩地により路線数が大幅に増えました、

この2年ほどに開設された路線で今でも運行されている路線は米子、鹿児島、大分、高松、松山、新潟と西日本を中心に大幅に国内の路線が増えました、今年の夏には奄美路線も開設をされます、

国内線がますます充実します

また羽田空港の国際線も増便になりました、

韓国側としては日本の大手航空会社が成田の路線を開設しない(成田路線が少ない)都市の人が仁川空港を使って海外へ行くという戦略が通用しなくなりました、

数年前に台北市内にある松山空港とソウルの金浦空港のチャーター便を就航するときに台北から仁川空港を乗り継ぐ乗客が減るという記事がありました、(今までは台北近郊の桃園空港とソウル均衡の仁川空港の路線しか亜rませんでした)

台北からの乗り継ぎ客は確か1万人ぐらいだったと思います

日本ではハブ空港の政策といえば成田と羽田に分散をしてハブ空港の強化といっているのでうらやましく思いました、

裏返せば国内の需要が少ないために乗り具客に頼らなければいけないということでもあります

(逆に台北の松山空港からソウルの金浦で韓国本土の国内線に乗り継ぐ乗客が増えるという利点もあります)

仁川空港が開港をしたときにある教授が周辺国から乗客を集める事が成功の要因だといっていました、

裏返せば周辺国から乗客を集められなければハブ空港としての機能が弱まるということになります

韓国の乗客の需要があまり多くない中で仁川空港はどうなるのでしょうか


 
| のほほんさん | 航空ニュース | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
747クラシックの違和感
 747

anaから引退だそうですね

747、一時代をづいた飛行機が時代の波に飲まれてしまったのでしょう、


747クラシック、数年前に日本の空からいなくなりました

747くらしっくという747でもまだハイテク化されていずに液晶の画面も濃くピットに無い期待が数年前に引退をしました、

その機体は3人体制で操縦士と副操縦士のほかに計器類をチエックする航空機関士というひとがいました

又騒音も大きく巻き散らかしていました、

利用者からしてみれば操縦関係に3人もいて人件費や諸費用がかかるためにそれが航空運賃に跳ね上がってしまいます

又古い機体なので騒音が大きくて空港周辺の人にとっては迷惑以外の何者でもありません、
二酸化酸素の排出量も多く地球にも優しくない機体です

747クラシック

そのような報道をするようなところがひとつでもあったらよかったのですが



| のほほんさん | 航空ニュース | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM