787 再就航はいつ

787

再就航は何時でしょうか

最近はエアバスに押されているボーイングです

ボーイングのコメントなどを見るといろいろなものがみえてきます

話はこの辺としてバッテリー問題について

アメリカの当局に新型のバッテリーが許可をされたボーイング

ロイター通信によると最短で1〜2週間で終了するとのボーイング幹部の見解を報じた。米連邦航空局(FAA)は12日、改善したバッテリー搭載の試験飛行許可をボーイングに与えた。ロイターによると、同社幹部は試験飛行が既に3回終了と説明。残り3回の予定とのことです

その一方で長引くという話もあります

バッテリーが承認をされてもエンジンが片方止まっても近くの空港までたどり着けるだけの時間が今までの180分が証人をされるのでしょうか、

太平洋路線などの長距離も多いだけにそちらの方が問題なのかもしれません

| のほほんさん | 787 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
787 試験飛行認める
 バッテリー問題で1月の16日から飛行停止をされている787

アメリカの運輸当局が改良型バッテリーを搭載した787の2機飛行を認めました、
バッテリーの改善は、バッテリーのセル同士がショートしないよう絶縁を強化することや、熱やガスを逃がす「排気口」を取りつける改善をしました、


| のほほんさん | 787 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
787 試験飛行認める
 787、ボストン空港と高松空港でのバッテリーの発火問題で1月16日以降運行を停止されています

事故から2ヶ月近くがたったいま運行再開に向けて動き始めました、

アメリカの連邦航空局ががボーイング社から2月の22日に提示をされていた改良型バッテリーを搭載した787の2機の試験飛行を認めました、

バッテリーの改善は、バッテリーのセル同士がショートしないよう絶縁を強化することや、熱やガスを逃がす「排気口」を取りつける改善をして安全性を高めました

バッテリーはリチウムイオン電池のままです、

ラフード運輸長官は「広範囲に及ぶ一連のテスト実施により、バッテリーの改善策が設計通り機能するかどうかが示される」と指摘。「新たな設計が航空機と乗客の安全を確保すると、われわれが満足するまで、787型機の運航再開は認めない」とのべました、

一方のボーイングのマクヌーニー最高経営責任者(CEO)は「FAAの本日の許可は極めて重要であり、787型機を再び運航させ、引き続き納入していく上で歓迎すべきことだ」とのべました

順調に試験飛行が進めば来月の後半にも飛行停止を解除される見通しだという事です

anaとjalだけでも24機あるだけに一刻も早く787二飛行停止を解除してほしい事だと思います

ボーイングは飛行停止により毎週5000万ドルに上っていると見られています
| のほほんさん | 787 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
787  バッテリーは恒久化
 787

あまり寝たが多くありません

今日のニュースはバッテリーの改善案についてです

ロイターによりますと記者会見の中で民間航空機部門マーケティング担当のランディ・ティンセス副社長は11日、バッテリー問題をめぐり同社が提示している改善案は恒常的なものになると確信しているとの考えを示した

「改善案では機体を保護するために3段階の措置を施しており、同社として787型機の今後の安全と信頼性が担保されるものと確信しているとのべばした

改善案はアメリカの当局の精査を受けています

数日間で787の飛行を承認するというような報道がありましたが、まだ飛行の審査がすんでいないようですね

ボーイング側としては早く飛ばした医師、問題を送球に解決をしたいのでしょうが、

正常に787が飛べるのは長くなりそうです、

| のほほんさん | 787 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
787新規受注も 中間報告は
 ボーイング787


今日のニュースは2件です

787大型受注へ

787は2月はどこにもデリバリーされませんでした

飛行艇市中だから当たり前といえば当たり前ですが

バッテリー事故で大騒ぎをしている中でも受注がありました

なんと42機も

アメリカ航空からの受注です

内訳は787-8が12機と787-9が30機となっています

中間報告はボストン空港でおきたバッテリーの発火事故の経緯と調査状況をまとめたもので、原因特定に踏み込んだ内容には至っていませんでした

運輸安全委員会は4月中旬にリチウムイオン電池と輸送の安全に関するフォーラムを開催し、4月後半には787の電池システムの設計と認定に焦点を当てた公聴会を開く。

原因がまだ分かりません、

航空会社からしてみれば787で新型機として代替的に売り出したいはずですし、新型機に伴うコスト削減なども未婚手いるはずです

一刻も早く原因を解明してほしいものです

事故の収束にはまだ時間がかかりそうです

各航空会社が低コストで運用でき?格安の航空券がゲットできる可能性があります、

そんな787について3月からニュースを発信しています

| のほほんさん | 787 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バッテリーに問題なし ? 787ニュース
 787はどうなる

787ニュースです

今日の787のニュースは1件

バッテリーに以上話という事でした

アメリカの運輸安全委員会はリチウムイオン電池が発火した事故で中間報告を発表しました、


火の直前にバッテリーの電圧が急激に変動していたことも明らかになった。ただし、発火の原因は明らかになっていません

又日本の運輸安全委員会は、来たい後方にある補助動力用バッテリーはわずかなふくらみがありましたが製造上許容の範囲内であり、以上は見られなかったという事でした、

バッテリーの発火問題、原因が分からないままです、

早く原因が分かり対策を採ってほしいものです
| のほほんさん | 787 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
787ニュース 3月7日
 787ニュース

今日の787

ニュースは2つ

一つ目は補償問題です

時事通信によりますとカタール航空のアクバ・アル・バクル最高経営責任者(CEO)は6日、ベルリンで記者会見し、米航空機大手ボーイングの最新鋭中型旅客機787型機の運航停止に伴う補償を、同社に求める考えを示唆した

補償問題、出てきました、もう一月半がたってもいつ飛べるのか分からない状況です、

補償問題、表立って出ていない状況なのかもしれません、裏では相当活発なやり取りが続いているものと思われます、

日が経てば立つほど保証の額も多くなってきます、ボーイングとしては一日も早く飛行停止の解除をしてほしい事だと思います

二つ目は試験飛行が許可されるかもという話です

今日で飛行停止50日目、787は改善をしたバッテリーを搭載し他787の飛行を数日後にも許可するかもしれないという事をロイターが報じたという事です、

ニューヨークタイムズなどは今月下旬にも試験飛行が再開される見通しだと報じています、
他の報道機関は試験飛行は数ヶ月先になるのではないかという事です、

バッテリーの出火原因がまだ分かっていないために試験飛行はどうなるのでしょうか、

ひとつだけいえることは試験飛行が遅くなればなるほどボーイングの負担がフェルト言う事です、

早くバッテリーなどの問題も貝へ津をしてほしいものです、
| のほほんさん | 787 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
787ニュース 3月6日
 787ニュース 3月6日

今日のニュースは1件だけ

労働組合が航空労組連合会が787の配電盤で火災が起きたということを記者会見で発表をしたとの事です、

4月7日に電源系統の主要箇所である配電盤の燃焼損傷があり、配電盤を交換したことが明らかになりました。

火災による遅延が起こらなかったそうです、

すべての事例を集めているわけではないみたいですが配電盤のショートはすでに5階も起きているそうです、

787は今まで油圧だったのを電気で動かすようにした画期的な?機体です

そのためにも整備では苦労がつき物のようです

記者会見の中では記者会見に同席をした元整備士は「B787は新技術を使っており特に電気系統の不具合が多いと聞いている。そのため一部整備士の間では世話の焼ける飛行機との声が上がっている」と述べた。その上で「問題になっているバッテリーの不具合との関連は今の時点で言えないが、電気系統のトラブルが多く起こっていた」とのことです

航空労組連合会が787の一連のトラブルなども踏まえて12項目からなる問題提起を国交省に申し入れました、

その中には問題となっているリチウムイオン電池の是非も含まれているとの事です

| のほほんさん | 787 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
どうなる787
 787

地上で待機をしてから一月半がたとうとしています

いまだにバッテリーの出火の原因が分かりません

787はどうなるかについて書いていきたいと思います

787

難産の末に立ち上がりました、

あまり知られていませんが767の好景気としての767、

ボーイングは亜音速のソニッククルーザという計画を発表しましたが、航空会社はどこも振り向きませんでした、

そこで出てきたのが787でした、

ざんねんなことにa320ねおや737maxなどのように革新的な?エンジンが出来ていなかったために空力、軽量化などにより燃費を改善しました、

確か軽量化ではたったの5パーセントしか改善されなかったはずです


| のほほんさん | 787 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM