人手不足 日本の現状

厚生労働省が29日、発表した外国人雇用状況調査によりますと昨年(2015)10月末現在の外国人労働者は前年の787827人から120262人増えました、

労働力減少の中で人手不足が進んでいる今、企業が葉外国人に頼る姿勢を大幅に強めた、
厚生労働省によると外国人の増加は、「少子化で大学が留学生の取り込みに力を入れ、アルバイトも増えている」ことも背景だとしている、


中国が32万2545人と一番多く、ベトナムが11万13人、フィリピンが10万6533人と告いでいる、中国人は1万1千人増えたものの、全体に占める割合は減る傾向にある。厳しい労働環境が多い「技能実習生」が6千人減るなど、自国の経済成長で日本で働く魅力が減っているためだ。代わりに、ベトナム(80%増、11万人)やネパール(61%増、3万9千人)などが急増した。

 滞在資格別では、日系人などが36万7千人、留学生、技能実習生がそれぞれ16万8千人。留学生は4万2千人、技能実習生が2万3千人増えた。

2年半ほど前に中小企業などの人事や社会保障の専門家であるしゃかいほけん労務士に聞いたところ、外国人を雇用している企業と雇用していない企業に2曲かをしているといっていました、

昨年は東京で外国人の人口が3万1600人増えましたが外国人労働者が4万8038人も増えました
雇用主の中では今まで外国人の雇用の届出をさしていなかったのが出すようになったのが原因だと思います

今回の12万人の大幅増加は外国人労働者が増えたというよりも07年に始まった外国人雇用状況の報告の義務化が根付いてきたのが一員ではないかと思われます、

 働く現場は、中小企業が多い。雇用している事業所を規模別にみると、「100人未満」が全体の4分の3を占める。

 福岡県嘉麻市にある産業用ポンプメーカー、「本多機工」。龍造寺健介社長(55)は08年、外国人の採用を始めた。「優秀な日本人学生が都心や大手に行ってしまう」ためだ。全社員数は143人。これまで15人の外国人を採用した。「専門・技術分野」という在留資格だ。すでに2人が独立し、中東と中国でポンプ会社を立ち上げ、同社のポンプ販売やメンテナンスを担う。龍造寺社長は「日本国内は設備投資も人口も縮む一方。地方の中小企業が30年生き残るには、外国人が必要だった」と話す。

 外国人なしでは、成り立たない仕事もある。広島県廿日市市でカキを40年以上養殖する岡島盛夫さん(67)は、中国人技能実習生7人に作業を頼る。「もう若い人はしたがらないきつい仕事。実習生に頼るしかない」と話す。最低賃金の時給769円を払い、残業があれば割り増しして払っているという

大幅に内容を変えます


クフィールニュース

クフィールという戦闘機は元の機体を大幅に改造して性能を大幅に向上しました、クフィールニュースも元のニュースを大幅に印欧して更に良くしようというものです、
 

| のほほんさん | クフィールニュース | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
羽田の役割の終焉? クフィールニュース  成田vs仁川

来年3月から羽田の国際便の枠が40増えました、、国内航空会社はANAが11枠、JALが5枠という配分となりました。倒産して差制をしたJALは相当の不満があるようですが、羽田の日中枠が増えた事によるメリット、デメリットを述べて行きたいと思います


羽田の場合、今は国内ハブとして機能していますが便利は面があるために国内ハブとしての昨日がだんだんと薄まっていき成田空港がその役割を保管するのではないかと思います

カナダ路線のように成田発しかない現状を考えれば日本各地からの集客では羽田が圧倒的に有利でしたが、最近では羽田から飛んでいない、仙台や新潟などのビンが飛ぶなどして成田空港は西日本路線を中心として国内路線を強化しています、
成田空港は航空会社にも寄りますが国内線のターミナルと国際線のターミナルが分かれていない問い売れ店もあります、

東京圏に住む人にとって羽田と成田、どちらが有利でしょうか?

羽田から品川まで京急で最速12分なので成田から日暮里の京成スカイライナーの36分とは3倍の開きがあります。更にスカイライナーの場合、特急料金が1200円別途〔上野から成田空港まで普通運賃では1000円で〕かかることが不利な点でしょうか?更に京急はほぼ10分間隔、スカイライナーは約30分間隔という点も考慮しなくてはいけません。一方、東京の北部や東部に住んでいる人には成田の方が早く便利ということになります。

神奈川などに住んでいる人は羽田ですが埼玉ではそれほど代わらないということも言われています、

圏央道が近い将来できるので北関東からの人は成田が便利になります

アクセスはこのぐらいとしといて

ニューヨークやロンドンなどの世界的な大都市には3つ以上空港があり、、それぞれの特徴を生かしてフライトがあり昔からうらやましいと思います

日本の場合には残念ながら成田と羽田しかありません、厚木や鎌ヶ谷、横田、入間といった民間用にも使える飛行場がありますが、国は羽田と成田という二つの”ジエット機”離着陸できる空港を整備したくないようです

世界最大の都市圏の東京圏では残念ながら羽田と成田の二つしかありません

今後、成田と羽田の棲み分けは必要になってくるかと思います。
日本人が一番弱いのは合理的に戦略を立てるということです、たとえばスパコン1番で無ければ行けないのですかという事で反感を買いました、そのときのスパコンの順位は20位以下でした、
又スパコンは1位になってもすぐに順位を下げてしまうという欠点があります、
成田と羽田の関係

成田はハブ空港として横綱の位置、羽田は大関クラスでよいと思います

成田は出来るだけ国際線と日本の大都市の便を集めるだけ集めることです

日本はハブ空港として有利にある点といえば北米大陸から飛んできて一番最初のアジアの国にあるというところです、
この利点を生かしきれていないと思います
台湾や中国、韓国などの地方都市へ50人のりなどのリージョナルジエットで結ぶ事ができていません、
成田空港も近距離の国際線が弱いという事を認めています、この近距離路線をどうするのか、どのようにして小型ジエット機を使った航空会社を国として育てていくのでしょうか、

成田の強みを生かされるような空港政策が望まれます



ここからは後ほど大幅にデフォルメにしていきたいと思います

マスコミなどを中心として羽田空港を使いたいという人がいるようですが本当に羽田空港は便利ですか?

それと羽田にビンを集める事は日本の空港政策にとって本当によいことですか、

なぜ韓国の首都圏は一部の国際線を除いて仁川に集めているのですか

羽田空港の国際線の発着枠は儲かるそうなのでその儲かった文はどのように国際線に還元をするのでしょうか

羽田を使う事はどんどん仁川を有利にさせるという事を気づかないのでしょうか
クフィールニュース

イスラエルがフランス製の戦闘機をコピーしてそれを独自に進化させたものです、このニュースも大胆に引用しながら自分の意見を述べるというものです

〔元の記事羽田に降り立つ日です〕

これを相当デフォルメしてしまいました、というよりもほとんど書き治していしまいました

戦闘機で遺影場レガシーほーネットを今導入中のfa18eを同大部分を大幅にいじりステルス性を強化したようなものです、といっても意味が分からないかもれません、元のきじは数パーセントしか使用してないと思います、

| のほほんさん | クフィールニュース | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
時代はガス、再生エネルギーへ
00年だったか時代は天然ガスへという本があった

これからは石油から天然ガスへシフトするという事だった、まさかと思ったが、最近では
コール別途メタンやシェールガス、又通気メタンの有効利用などのガス革命によりガスが注目をされています

石油からガスへという事例は船にも及んできているのかもしれません

ナショナルジオグラフイックではしょる愛的にはに船は天然ガスへと代わるだろうということもかかれていました、又他の雑誌にも天然ガスが修羅苦になる妥当炉言う事がかかれていました、

船を動かすのが石油が主流であり、軍艦がガスタービンで浮かしています、又民間ではあまり利用されていません

最近は石油値段の高等、二酸化酸素が少ないために切れから期待をされる分野かも試練左遷、

今日日本経済新聞で面白い記事を見つけました、


三井造船は17日、主力の玉野事業所(岡山県玉野市)で天然ガスを燃料として使える船舶向け新型エンジンを開発したと発表した。重油を使う従来エンジンに比べ二酸化炭素(CO2)の排出量を2割減らせる。環境性能を強化することで船舶会社の受注を取り込み、船舶用エンジンで世界首位の韓国・現代重工業を追い上げる。

 燃料噴射などを電子制御し燃焼効率を高めた新型ディーゼルエンジン「ME―GI」をベースに開発した。船舶に搭載される場合はガスを液体にした液化天然ガス(LNG)を燃料とする。重油も併用できる。当初は燃料のガスを供給しやすいLNG運搬船向けの搭載を狙う。将来的に一般商船向けの受注も見込んでいる。

引用終わり

三井造船のガスのエンジンは成功をするのでしょうか、日本国内でも最近は勇払や沖縄の宮古島などで試掘が行われています、又佐渡沖でも試掘が行われるなど資源関連では明るい話題があります

日本でも天然ガスがある程度算出をされれば石油や石炭から天然ガスへというシフトがすすもかもしれません、

又に”ぎじぅゆつ立国”、ものづくりの国?日本ですから造船の世界でも石油からガスへの返還をリードして巻き返しを図るとともに温暖化防止にも貢献できるのかもしれません

| のほほんさん | クフィールニュース | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
苫小牧は原油の町
クフィ-るニュース

モトにニュースを大胆に引用してニュース解説をしようとするものです

今日のニュースは100億円と夕張とメタン灰トレードです

苫小牧は

北海道のフェリーの発着をするところで有名です、

でももうひとつ顔がありますそれは石油と天然ガスの街です

引用始まり

 石油資源開発(東京)は、苫小牧市の「勇払油ガス田」北側の「あけぼの基地」(植苗)内で原油の探掘作業を進めている。同社は昨年8月、同油ガス田の別の井戸で原油探掘に成功しており、2本の井戸の産出量などを基に採算性を調べ、商業生産に移行するかどうか判断する。

 探掘している井戸は「あけぼの(T1)SK―2D井」。同社は、これまでの試掘で原油があることが分かった地下約1700メートルまで掘り進め、埋蔵量や広がりを詳しく調べる。現場には高さ約50メートルのやぐらが組まれ、24時間体制で作業が行われている。4月中旬に終了する予定。

 同社は昨年8月、同社北海道鉱業所がある沼ノ端基地で探掘していた「沼ノ端(T1)東SK―3DH号井」から日産250キロリットルの原油の産出に成功したと発表。現在も調査を進めている。商業生産について同社は「産出量が増えた際の原油の処理方法も含め総合的に判断したい」としている。

 勇払油ガス田は1996年に生産開始。天然ガス鉱業会(東京)によると、同油ガス田の昨年度の原油生産量は全国一の24万1千キロリットル。国内生産の約3割を占めている。天然ガスは5億1200万立方メートルで、南長岡油ガス田(新潟)に次いで2位

北海道新聞の記事では2本の井戸しか乗っていませんが、勇払出採掘に成功している緯度はもう2本あります

1本は油田のそばで日量50きりリットルも試掘で取れました、又さらに相当離れたところからも60キロリットルもの原油が取れたというものです、

この2つの井戸にも天然ガスが出ています

この勇払油田は相当な量の油田がまだまだ眠っているのではないかと思います
この油田を見つけるだけでも数十年も費やしています、又さらに莫大な額がかかる井戸を何本も掘っています、

これだけの投資をするという事は油田が相当眠っているという事だと考えられます

この勇払ガス田、困った事に枯渇をしてきたみたいでガスの産出量が減ってしまい、lngを買わなくてはいけない事態になっています、

ガスといえばメタン灰トレードと思われていますが、このメタン灰トレード幅か打開採掘コストがかかり赤字になる事は必死です、
又消費地から遠いためにパイプらい何度や色々なお金がかかり将来性は残念がなら見込めません、メタンハイトレードの研究をやめて勇払ガス田画採算が取れなくともメタンハイトレードをやめたお金を使ってガスの算出をさせる、

又勇払ガス田が本格的に枯渇して原油やガスが取れなくなる時を見越して今研究をされているメタンを科学技術で発生させる研究をするべきです

| のほほんさん | クフィールニュース | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM