今年の日本シリーズを制覇するのは阪神? 7割以上の確立で阪神が
今年の日本シリーズ

阪神が第1戦をとりました、
日本シリーズの鉄則、先手必勝

初戦を勝つと優勝をする確立が64パーセント、

それがセリーグの場合には初戦を勝つとなんと71パーセントにまで上がります

セリーグが初戦で勝って優勝したのは22回、初戦で勝って落としたのは9回しかありません

 
| のほほんさん | 航空事情 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
羽田からプロペラ機が無くなる
 羽田から日本で一番暖かい南鳥島までもし飛ぶとしたらプロペラ機しかないともいます、

といっても飛べるような機体がないですが

羽田空港からプロペラ機が見れなくなるときがきそうです、

今就航しているのは羽田ー大島 羽田ー三宅島の間だけです


羽田ー大島路線はanaの中で搭乗率が一番低く羽田ー大島 羽田ー三宅島間は1月7日から1月26日まで運休をしました、

大島路線はジエットフォイルが就航をしたために大島空港がジエット機路線に対応しジエット機が就航したにもかかわらず搭乗率が低迷をしてしまい、撤退をしました、

羽田ー三宅島路線は新しいプロペラ機の移行に伴い羽田空港から撤退をする以降です、大島路線も搭乗率が手負いmウィ祖手いるために撤退をするかもしれません、

羽田空港からぷrぺらの旅客気が見られrなくなる時期が来そうです


| のほほんさん | 航空事情 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
成田空港 同時離発着  離着陸回数は滑走路の本数で決まる ?

あまり知られていませんが空港憲発着回数というのは滑走路が何本で決まるのではなく滑走路の処理能力や飛行機の駐機のスペース、空域など総合的に決まります

たとえが字液体の基地と合わせて滑走路が2本ある茨城空港この空港の処理能力はどのぐらいでしょうか、

1本とそれほど大差は無いはずです、茨城空港の滑走路、首都防衛の拠点である百里基地の誘導路額の字型に曲がっているために誘導路を緊急時に滑走路代わりに使えないために滑走路を作りました(新空港を作るだけならば滑走路はどんなに大きめに作っても2500mどまり)

又千歳空港も滑走路が2本ありますが、冬に除雪のために滑走労を1本閉鎖してももう1本使えるようにするために作られたものです、

千歳空港などや茨城空港などではお互いの滑走路の距離が近いために同時離陸や発着などが出来ません、

逆に成田のように2キロ以上はなれている場合には両方の滑走路を独立して運用する事が出来ます、両方の滑走路で、「同時離陸・同時着陸」が可能となります

千歳空港や茨城空港などは滑走路が2本でも両方の滑走労が独立して運用できないために空港の処理能力も1本よりも少し増えるだけになってしまいます、逆に成田空港などでは滑走路の処理の売りよくも理論上は倍に増やす事ができるようになります

| のほほんさん | 航空事情 | 23:32 | comments(0) | - | - | - |
インドの格安航空会社 大人買いの裏で (1)
 航空業界では小型化が進んでいます

今ボーイングもエアバスも年400機ほど小型機の737とa320ファミリーもを作っています
この航空機も航続距離などを伸ばしたり、機内の内装を変えたりしたりして場^ジョンアップを図っています

ボーイング737はエンジンや機体の一部を改良して燃費が2パーセントほど良くなる予定です
又エアバス320も2012根からシャークレットという新しいウイングレットをつけることにより燃費が3,5パーセント以上も良くなります
| のほほんさん | 航空事情 | 13:38 | - | - | - | - |
関空 悲願のニュヨーク直行便 どうなる関空、アンカレッジ
 今年2回目の航空事情です

昔は航続距離が短かったのでアメリカに飛ぶ場合にはウエーク島、ミッドウエー、ハワイなどに給油のために立ち寄っていました、高速距離が伸びたためにアンカレッジで給油をするだけですむようになりました、アンカレッジは給油の

給油時間中にいっぱい10ドルもするうどんを食べに行ったという話も聞きました、
そんなアンカレッジも航続距離が延長されてロシアの空を飛べるようになったことから旅客機の給油もぐんと減り今では経由便としては中華航空が案かれぅじ経由ニューよくビンを飛ばしています
又エバー空港は帰りに偏西風の影響でエバー航空が給油のために立ち夜だけになってしまいました、

給油する飛行機がなくさびしくなった?(貨物としては世界有数のハブ空港)アンカレッジも今年の4月からはさらにさびしくなりそうです、

週3回とんでいる中華航空のニューヨーク便の経由地もアンカレッジから関空に変える予定となっています

そうするとアンカレッジで給油するのは帰りのニューヨーク便だけとなってしまいました、
もしエバー航空が足の長い777-200LRや新型の航空機などの足の長い飛行機に変えてしまったのならば給油がなくなってしまいます

将来的には新型航空機を使い給油をしなくなるかもしれません

中華航空の関空経由ニューヨーク便では

すでに中華航空大阪支店では
http://www.china-airlines.co.jp/recruit/osaka.html
チャイナ エアライン 大阪ベース客室乗務員募集要項
私たちとニューヨークに飛びませんか?》
と客室乗務員の募集をしています

関空は北米路線は最盛期に8都市ありましたが、相次ぐ撤退で今ではシアトル、サンフランシスコのたった2便だけになってしまいました、
今回のニューヨーク便の就航で3都市となります、
機材は747-400を使うようです

747-400は6年ほど前に製造中止となってしまいました、
今ジャンボといわれている747は老朽化などのためにどんどん退役をしています、その好景気は777などの少し小型化をした飛行機を使い又足の長い航空機で香港〜ニューヨークまでなどへ直行でいけっるような足の長い飛行機が出てきています、

今のトレンドは給油しないで直航で行くのが主流となっています、シンガポールや香港、そして同じ台湾のエバー航空も直行でニューヨークまで飛んでいます

関空便も747-400から気体が変わるときに関空経由ではなくニュヨークまで直行していないか心配です
| のほほんさん | 航空事情 | 15:42 | - | - | - | - |
インドの格安航空会社 大人買いの裏で (1)
 インドの格安航空会社が180機もの発注をしました

大量発注以上にものすごい重要な、又航空機市場を変えてしまうような大きなインパクトを与えています

インドの会社が買ったのはa320neoという機体は最新型のエンジンをのせ、又新しく開発された空気抵抗を減少させるパーツをつけて既存の期待よりも15パーセントの程度くなります

最新型のエンジンを載せた機体を発表するかどうかはエアバスもボーイングも長い間検討をつづけていました、

エアバスの受注でボーイングが追随を迫られているかとの質問に対し、「エンジン一新について、当社が納得できるビジネス上の理由を付けるのは困難な期間が続いた」と答えた。「この問題については引き続き検討し、今年半ばぐらいに当社の決定について発表する」と述べました。

ボーイングは今の機体に新しいエンジンを載せるとなると相当な改良が必要となります、仮にボーイングが737のエンジン換装という手段をとるとしても、この機体は1967年の登場からすでに2回のモデル変更を重ねており、改良型A320より8-10%燃費が悪いという指摘もあります

ボーイング737はa320よりも初飛行が20年近くも古くコンテナがつめなかったり、a320よりも狭いなどの弱点があります、

エアバスが新型エンジンの機体で大量発注を出一歩李d-尾をしました、ボーイングは既存の機体に新型エンジンを載せかえるのか、それとも新型の機体で勝負をするのでしょうか、

新開発の機体を開発するとなるとエアバスの新型のエンジンをのせた機体よりも2年ほど遅れてしまいます、
ボーイング側としてはエアバスにたいこすうるために燃費を改善した性能アップバージョンを新たに投入するものと思われます、

ボーイングは思い切って新型の機体を開発することになると個人的には思います

このクラスは車でいえばカローラみたいに売れ筋です、年間で400機以上も作られてい増す、そのためにここで失敗をすれば勢力関係が大幅に変わってしまいます、このクラスでの失敗はボーイングにとってもエアバスにとっても許されません、
| のほほんさん | 航空事情 | 10:54 | - | - | - | - |
飛行機日本発飛行100年
 
今年は日本で始めて空を飛んでから100年がたちました、
100年間の間で追う空気が大幅に進化をして今では、8000人がノエルほどの大型航空機も飛んでいます

国家1000年の計とよく言われています、
航空の世界では100年どころか20年も先のことを見通すのは難しいです、
先ごろnasaga発表したポケット空港というものがあります
滑走路の長さが114mしかないというものです、空港の広さもたったの0,8haです

nasaはの渋滞緩和に役立つといっています
これから数十年先にはポケット空港という概念や、小型機による直行便の増加などが増えているのかもしれません、

又小型機が格段の進歩をして40人乗りの飛行機がユーラシア大陸を横断できるようになるかもしれません、

数十万人の小さな都市からパリへ直行便などが当たり前の時代になるのかもしれません、

小型機の進歩によりハブ空港地概念がなくなり乗り換える回数も少なくなるのかもしれません

大都市の空港は2本や3本ありますが、滑走路1本の処理能力が格段に進歩をして1本ですむことになるかもしれません

これから先の航空の100年はどうなるのでしょうか

ps ポケット空港ほどの小ささでは無いですが滑走路数百メートルでとべる飛行機があり調布飛行場の3分の1ほどでとべる飛行機が出るのではないかと考えたことはあります
| のほほんさん | 航空事情 | 21:19 | - | - | - | - |
ハブ空港の地位低下
 
成田空港から羽田空港への移籍第1弾
コタキナバル路線が移りました
飛行機も成田次代に使っていた777から737へと変更になりました
コタキナバルまでの直線距離は4000キロメートル以上、昔ならば小型機で4000キロメートル以上とは考えられませんでした、それが今では航空機も手燃費化が進み小型機でも大西洋横断の飛行機まで出来てきました、
皇族j距離が伸びてヨーロッパから中東あたりの近距離では737などの小型機を使うのは珍しくなくなってきました
エアバス321という小型機?は新しいウイングレッドをつけることによりハワイからサンフランシスコまで直行できるようになりました、といって売り込みを図っています
この新型ウイングレッド(羽の先についてるもの)だけで200キロメートル以上もの航続距離が伸びます、
エアバスとボーイングの両社がエンジンの野瀬かを計画しています、このエンジンののせかえと新型ウイングレッドの導入により900キロもの航続距離が伸びるといわれています、
航続距離が伸びることにより航続距離の影響で小型機では就航できなかった都市が就航できるようになりました
昔ならば小型機で大西洋横断などは考えられませんでした、
大都市の大きなハブ空港にまで行って、中型機か大型機に乗って大西洋温暖をしていました、しかし間では記述の進歩により大西洋横断が普通の時代になりました
航空技術の進歩により、これからますます直行便が増えることになると思われます、
直行便が増加するとハブう空港の地位が低下するものと思われます
| のほほんさん | 航空事情 | 10:51 | - | - | - | - |
韓国 釜山開業で子k内戦は

 韓国の新幹線、東大邸〜釜山まで今月1日に開通しました

新幹線の開業により大邸路線が撤退に追い込まれました、今回のかつうによりポパン路線とウルサン路線が手x地帯に追い込まれるという観測もありました、

浦項と蔚山路線は明暗を分けました、

開通後の3週間、金浦〜蔚山の利用客は前年同期比33.9%、金浦〜浦項路線は9.6%減少しました。

 金浦〜蔚山路線は、搭乗率も70.9%から53.9%に17ポイント下落しました、

一方の金浦〜浦項路線は運航便数が30便減りましたが、便数減少の影響もあり逆に搭乗率は51.1%から55.1%に小幅に上昇しました。

金浦から蔚山、浦項に向かう路線は週末ベースでKTXより運賃が3万ウォン高く、運航回数は10回以上少ないため、利用客が減少したと分析された。

またポパンが蔚山よりも減少が少ないのはウルサン市内に新幹線の駅がある一方でポパン路線は慶州で乗り継がなければいけないという差が出たのかもしれません

釜山路線は逆に増加をしました、金浦〜金海の場合、気象悪化などで運航便数が昨年に比べ67便減少しましたが、逆に利用客は3.1%も上昇しました、搭乗率は70.8%から75.0%に上昇しました。

釜山路線が増えたのは、金浦空港とソウル都心をつなぐ地下鉄9号線の開通や景気回復、航空会社の割引などの努力によるもの、また釜山路線は蔚山や歩p@案よりも遠いために航空機の優勢が保たれているものと思われます、
来月には韓国版新幹線が釜山近郊の昌原や馬山などでもKTXが開通すれば、金浦〜金海路線にも影響が出ると予想されます

昔は金浦空港から韓国全土に出ていましたが、高速輸送網の発達で今ではたったの7路線しかありません、今では韓国の端とソウルを結ぶという性格の空港となってしまいました

新幹線の発達により韓国本土とソウルを結ぶ路線は維持できるのでしょうか、今後も注目をしていきたいと思います

| のほほんさん | 航空事情 | 20:41 | - | - | - | - |
ボーイング767 1000機へ どうなるb767

 アップグレードされた767の機体が報道陣に公開をされました
設計は古い機体なので今まではウイングレッドが付いていなかったのですが、最新バージョンではウイングレッド(翼の先に出っ張っているもの)をつけることにより燃費が5パーセントも改善をするそうです、

この767、アメリカと日本とイタリアが共同開発をした機体です、
昔は何十機も売れていたのですが今は後継機が決まっているために年間で数機しか売れていません、

今は生産末期ということで月に1機ずつ作られています、来年の2月には1000機目がanaに納入される予定です、民間機用で受注算が50期ほどしかないためにしかないために、受注が無いと後数年で民間機用は生産が終わってしまいます

民間では古い設計のためにあまり売れていませんが防衛用ではまだまだで番がありそうです、
旅客機を改造して空中給油機や哨戒機などに改造をあせれいます
767も他の旅客期と同じく空中給油機として活用をされています
空中給油機として納入されているのはイタリアと日本の2カ国だけです、

おひざもとのアメリカではた空中給油機を導入して絡もう何十年も立つためにこれから数百期の取り換え需要が発生をしています
もし受注できれば何兆円にものぼる大口案件のためエアバス連合とボーイングの激しい受注合戦を繰り広げています

08年の2月29日にはエアバスに決まったののですが、異議申し立てなどによりいまだにどこの会社が受注が決まらない状態が続いています、早ければ今月中に決まるそうです、

767に決まればアメリカで莫大な雇用を生み出します

ボーイングは米国においては、この次世代空中給油機の製造はボーイング社、および40州以上に散らばる800社のサプライヤーを含む約5万人の雇用を支援します」とホームページで述べています、

開発の参加をした日本でも767の生産にかかわってくるために仕事が回ってきて雇用を増やす効果が出来ます

この空中給油機の受注を逃してしまうと後数年間で発注をされている767の納入が終わってしまうために製造ラインを閉じることになりそうです

ボーイングとしては最近は新型機の開発が伸びてしまい、又エアバスにも受注で水をあげられている中で空中杞憂雪で一子お報い他の野ですが、どうなるのでしょうか、

日本としてはビー印具767が受注できれば良いのですが

| のほほんさん | 航空事情 | 18:36 | - | - | - | - |



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries


categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM